TOP > 人間関係や労働条件

人間関係や労働条件

人間関係

医師の転職理由は人それぞれ違うものですが、中には職場の人間関係が原因となっている人もいます。これは医師に限らず、一般的なサラリーマンやOLでも転職理由として挙げられることが多くなっています。

職場の人間関係が悪いと、場合によっては仕事に支障が出てしまうことがあり、何のために仕事をしているのかその意義が分からなくなってしまうこともあります。医師の場合も同じで、職場の人間関係がうまくいかないと診察や研究などに支障が出てしまうことがあります。これでは患者にとっても迷惑な話です。そこで、より良い環境の職場へと転職を考えるようになります。

人間関係の良い職場を見分けることは難しいため、様々な医師の転職サイトを見てその求人内容から判断しなくてはなりません。また、知っている人物がその職場に居れば、ある程度の人間関係情報を事前に仕入れることができて役立つはずです。仕事のできやすい環境を得るためにも、医師が転職を考えることは必須と言えます。

労働条件

医師の転職理由は医師の経験がない人にとっては想像することができないかもしれません。しかし、一般的な社会人と同じような理由のことが多くなっています。例えば、劣悪な労働件に嫌気がさして転職を希望することもあります。劣悪な労働条件と言っても幅広いものがあります。最も多いことは勤務時間が不規則となっていることです。

労働基準法に基づいて勤務しているはずですが、救急患者が搬送されてくるなどの不慮のケースもあるため、なかなか決められた時間通りに勤務することは難しいものです。医師によっては睡眠時間を削ってまで患者と向き合わなくてはならないともあります。これでは患者を助けるどころか、自分自身まで病気になって倒れてしまうかもしれません。もう少し勤務時間に融通の利く職場へと転職したいと思う医師は多くなってきています。

また、勤務時間の割には見合った収入を得られないという劣悪な労働条件も転職の理由として挙げられることがあります。

家庭の諸事情

もしあなたが医師で、転職を考えている場合のお話です。転職理由もキャリアアップ、年収アップ、医局からの離脱、人間関係などさまざまかと思います。紹介会社を利用して転職する場合は、できるだけ理由を明確に伝えましょう。特に家庭の諸事情により転職を決意する場合はなおさらです。

理由を隠して転職し、その後も上手く行ったケースというのはほとんど奇跡に近い確率ではないでしょうか。入職間近だったのに、奥さんが後から反対を表明して白紙になることも本当によくあることなので優秀な人材コンサルタントほど、奥様の意見も大切にします。

また離婚でお金が要り用というならば、その必要額に合った転職プランを構成させて頂きます。希望額がもらえる職場なんて無い、とお考えではないですか?優秀なコンサルタントは話がないところから求人をクリエイトするのです。事務長や院長とかけあって、「この先生ならば」と役職手当をつけてもらったり新しいポストを作ってもらい、希望年収に到達させる裏技もあるのです。