TOP > 家庭の理由

家庭の理由

医師が転職をおこなう理由のひとつに、家庭事情が挙げられます。
現状の日々の医療業務だけでは、医師として患者を救うことに納得が得られないと判断したような場合に、転職を検討することが多くありますが、
それだけでなく、仕事、健康を支えてくれる家族ひとりひとりの身のまわりの変化に対しても見落とすことはできません。
家族数の変化、子供の進学、介護の必要性などは、仕事にも影響してきます。

ただ、転職をおこなうことで、勤務体制、給与などの諸条件も異なってきます。転居をはじめ、家計面で少なからず影響を及ぼすことになります。
ここで、家族同士で、どの程度の協力体制が組めるのかが大切になります。

まずは、仕事先を変わる場合、自身の求める医療のあり方を、引き続き実現させるための環境かどうかを事前に確認して、
その考えにふさわしい職場であることを情報収集し、家計の面では、どの程度の負担がかかるのかについて具体的な数値で表します。
そして、家族ひとりひとりの考え方を擦り合わせていきます。家庭が一つにまとまっていることが理想です。
医師という職業を全うすることと同時に、家族ひとりひとりの考え方を尊重することが大切です。じっくりと時間をかけて話し合うことが大切になります。